心療内科での治療|簡単チェックでうつ病か判断|短時間で問題を調べられる

簡単チェックでうつ病か判断|短時間で問題を調べられる

心療内科での治療

看護師

症状に合わせた治療法

うつ状態が長期に渡って続くようならば精神疾患に陥っている可能性がありますので心療内科を受診してください。心療内科ではカウンセリングと薬物療法によって症状を緩和させることができます。初診の場合、問診から行います。問診を元にカウンセリングを行って診断されるのですが、うつ病と診断された場合は抗うつ剤を用いた治療を開始します。問診内容なのですがセルフチェックシートのようなタイプもありますし、カウンセラーが質問してそれに答えていくような形式もあります。心療内科によって多少チェック内容が異なりますが、基本的に診断すべきチェック項目は同じです。精神疾患と言っても人によって症状が異なります。一つの症状ではなくいくつかの疾患が同時に発症していることもあります。そうなってくると治療の仕方がまた異なりますし、薬の種類も変わってきます。心療内科ではカウンセリングを行って個人に合った治療が行えることもあり、治療を続けていると段々と症状が緩和されていきます。精神疾患の場合は長期の治療が必須です。症状が治まってきたと自分の中で感じていても勝手に薬をストップさせるのは危険です。治療につきましては必ず医師の診断に基づき行ってください。しっかりと治療を行えば必ず症状は緩和していきます。うつ病は自力で治すのは難しい病です。症状が悪化してくると自分自身をコントロールできなくなります。即ち、正常な判断が出来なくなるという訳です。正常な判断ができない場合は普段は考えもしない言動を取ってしまうケースもありますので危険です。少しでも異常を感じたらすぐに心療内科を受診してください。初期の段階から治療を行えば完治できる可能性も高くなります。重症化した場合は強制的に心身ともに休めるため入院を余儀なくされることもあります。そうなる前に早期治療がカギとなります。心療内科で治療を行う場合は保険適応になります。うつ病のチェックを行い、いくつチェック項目が当てはまるかやカウンセリングの言動によって、仮に精神疾患が認められた場合は自立支援医療制度が適応されることもありますので、診断書を書いてもらいましょう。医療費の負担額を軽減させることができます。心療内科で治療を行う場合、初診の場合は初診料が加算されますので薬代を合わせると5千円から1万円程度見ておいた方が良いかもしれません。薬の適応性を見極めるためにも最初は2週間程度の処方になります。それ以降は心療内科によっては1か月分から2か月分の薬がまとめて処方されますから1か月大体5千円前後とみておいて良いでしょう。別途でカウンセリングを延長する場合はプラスで費用が発生します。

Copyright© 2018 簡単チェックでうつ病か判断|短時間で問題を調べられる All Rights Reserved.