簡単チェックでうつ病か判断|短時間で問題を調べられる

誤診を防ぐ新しい検査方法

診察

症状を説明できない時は

最先端のうつ病のチェック方法には光トポグラフィー検査もあり、一部の精神科や心療内科で受けられるようになっています。これは一般的なチェックシートタイプの検査と違い、計測装置を使って大脳皮質の血流をチェックするのが特徴です。このチェック方法の特徴は検査スタイルにもあり、患者は光トポグラフィーの測定器を頭に装着して、その状態で簡単な設問に答えていきます。そして、設問の答えを考えている最中の脳内血流と、回答する際の血流の幅を計測するのです。検出されたデータはグラフ化されますので、視認性にも優れ、客観的に判断できるようになります。例えば、脳が活動する時に生じる血流の増減幅は、健常者なら大きく、うつ病患者であれば小さいのが特色です。さらに、双極性障害や統合失調症の患者はまた違った波形となるため、それぞれが持つ個別のパターンと検査結果を照合することで、より確かなうつ病診断が行えます。また、光トポグラフィー検査は椅子に座ったままでも測定可能であり、体に対する負担も極めて少ないのです。検査に用いる光りも体に悪影響はありませんから、副作用もなく、安心して受けられます。今ではその安全性と有用性が認められ、うつ病治療でも健康保険が使えるようになりましたので、今後一層普及していく新しいタイプのチェック方法です。その見た目から光トポグラフィー装置は治療機器のようにも見えますが、検査設備ですので、当然うつ病を治すことはできません。ですが、そこで得られたチェック結果は誤診を防ぐことに活用され、正しい治療計画を立てるためにも役立てられるのです。一方、光トポグラフィー検査は医療機関でなければ受けられませんが、通常のチェックシートタイプのうつ病検査なら、ネットを使って手軽にできます。殆どが無料で提供されておりますので、うつ病かどうか知りたい時をはじめ、病院へ行くべきか迷った時にも便利です。とはいえネットで提供されているのは簡易検査ですから、問題なしという検査結果が出ても、何か気になることがある時は、精神科か心療内科を受診しましょう。また、うつ病の時は考えがまとまりにくくなっているため、医師に病状を上手く説明できないケースも珍しくありません。そこで役に立つのがネットで行えるうつ病チェックの検査結果で、それを医師に見せながら症状を伝えましょう。自分の口だけでは伝えにくい場合でも、土台となる物があれば案外説明しやすいため、ネットのチェック結果を活用してみてください。その際、もしもこれまで行ってきたチェック結果を保存しているなら、時系列順に医師に見せるのも得策です。現在に至る病状の経緯を、医師に把握してもらう手段としても活用できますので、何かと重宝します。

Copyright© 2018 簡単チェックでうつ病か判断|短時間で問題を調べられる All Rights Reserved.